国産レモングラスでお正月飾りを作りました

メドウズアロマテラピープロダクツの鈴木 壮哉です。
本日大掃除をして平成28年のお仕事を納めさせていただきました。今年1年本当にお世話になりました。

 

ところで、大掃除の後にお正月飾りでしめ縄や門松を立てられることと思います。メドウズはビルの3階にありますのでしめ縄を例年飾っております。

 

しかし、今年はとても素敵なお話をいただきました。

 

「国産のレモングラスを使ってしめ縄を作ってみませんか」

 

このお話を持ってきてくれたのは、私にアロマテラピーを教えてくれた関 美和子さんです。関さんは水戸市の北10キロのところ、茨城県那珂市でアロマとハーブのお店merseaを経営しながら、プリザーブドフラワーの製作、フラワーアレンジメントを行っています。

 

レモングラスでしめ縄?
しかも国産のレモングラス??

 

と興味は沸くのですが、いかんせん不器用なのでここは器用な関さんにベースをお願いし飾りつけをお手伝いさせていただくことにしました。

 

日本のイ草生産のほとんどを占める熊本県。
八代平野から取り寄せたレモングラスは乾燥されていました。
これを女の子の三つ編みのように、編み込んでいきます。

 

お恥ずかしい話、作成中写真撮影を忘れたので、編み込みの拡大写真。

 

 

といっても、乾燥したレモングラスがほどけないように編み込んでいくのはとても力が必要で、女性の力では一苦労。しかし、部屋中にすがすがしい香りが広がります。レモングラスの葉先の部分がナチュラルな感じでいいですね。

ある程度形が出来るとそれぞれハーブをアレンジしていきます。

 

レモングラスの葉先部分。


今回使用したハーブは

 

ティートリー
ユーカリ
ラベンダー
ローズマリー
マリーゴールド
ヘリクリサム

 

等9種類。

 

 

 

 

なるべく国産のものにこだわってみました。

ユーカリや南天は関さんの家にあるものをそのまま持ってきてくださいました。5メートル離れたところからでもはっきりとわかるクリアな香り。最近風邪やインフルエンザが流行しているとニュースで放送されていますが、この香りではさすがのウイルスも近づけそうにありません(年神様は是非お立ち寄りください)。

 

結局私はセンスがないので、そのほとんどを関さんが担当し無事にお正月飾りが完成しました。完成したお飾りがこちら。

 

 

 

 

正直申し上げて、このような素敵なお正月飾りを見たことがありません。
最近ではスーパーやホームセンターなどで中国産の手ごろなお飾りがたくさんあふれていますが、やはり自然の恵みを取り入れ、感謝と五穀豊穣を祈る気持ちを持ちながらお正月飾り作りを行うことで、より身が引き締まった思いでお正月を迎えることができます。

 

本当に良い経験ができました。ありがとうございました。

 

関さんはこのようにアロマテラピーに関すること以外でもリース作り講座を茨城県内に出張で行ったり、結婚式、お誕生日に合わせてフラワーアレンジメントやプリザーブドフラワーの作成も行っています。植物を愛する人の作品は、ブログやホームページに掲載されていますので、よろしければごらんください。

 

merseaホームページ
 

皆様よいお年をお迎えください。

 

JUGEMテーマ:イギリス