お客様が喜ぶアロマテラピーとは何か、メーカーができること アポソ誕生の背景(その3)

(前のブログの続きになります その2はこちらです)

その1はこちらです)

 

ダーリン・ペインが誰でも安心して手軽に使えるエッセンシャルオイルのブランド名はAPOTHO(アポソ)になりました。聞きなれない名前ですが、これはフランス語のapothecary(アポセカリー、薬局の意味)に由来します。アポソを生み出すにあたり、彼は以下のことを大切にしました。

 

  • 妥協はしない。これまでメドウズを共に作り上げてきた世界中のパートナーファームからもたらされるエッセンシャルオイルのみを原料とし、お客様に高い満足度をもたらす。
  • 売ることを目的とする商品作りはしない。自分の気持ちを大切にし、自分のペースで自らが商品作りを行う。
  • ライフワークにする

 

真っ白いキャンバスに1から線を引き始めたダーリン・ペインが大切にしたこれらのこと。それはやはり1991年にメドウズを立ち上げたときと同じ気持ちでした。彼がアポソ商品に込めた思いは、今後のブログで少しずつ紹介していきます。

 

--------------------------------------------------------------

 

ダーリン・ペインは常日頃からエッセンシャルオイルの持つ力をもっと日常に取り入れて、人間は自然の一部として精神的に豊かな日々を過ごしてほしいと願っています。しかしそのエッセンシャルオイルが手軽でありながら正しいものでないと日常生活で精彩を放つことはできません。彼の毎日は「自然と共に歩む」。是非皆さんも私たちの商品と一緒に、豊かな毎日を過ごしていきましょう。