今度は実際に季節を感じてきました

先日のブログでは仕事をしながら季節の移ろいを感じると書かせていただきましたが、この週末は身近なところに秋を探しに行ってきました。

 

ここ数日の間に茨城県は民間の調査で「6年連続で魅力度ランキング最下位」と発表されました。茨城県民として正直何とも思わないというか、むしろ他の都道府県に行くと「茨城は遅れているな」と感じるところはいっぱいあります。公共交通機関、観光客を受け入れる体制(人々のソフト面)等は個人的には改善の余地があると思います。しかし、「死ぬまでに一度は行ってみたい日本の絶景」に、茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園が選ばれ人気となっています。ここは季節に応じて色とりどりの花があふれており、今の季節は真っ赤に染まるコキアが人気です。

 

 

 

 

コキアはホウキ草とも呼ばれ、昔から身近な植物として親しまれてきました。秋になると真っ赤に一週間くらい紅葉するそうです。この一面真っ赤に染まった大地を見ようと多くの人が関東近県から訪れます。また、海外からの観光客も多く昨日は中国語を良く耳にしました。駐車場も数千台単位で用意されており、午前中に満車となります。(たまたま昨日は入場料が無料というのも大きかったと思います。)

 

 

 

コスモスとのハーモニーが素敵です。

 

 

 

 

人が入らないように写真を撮影するのはほぼほぼ不可能で、会場内はこのコキアを見るために人の大渋滞ができています。

 

 

とはいっても爽やかな秋晴れの下、太平洋から吹き抜ける心地よい風を感じながら、お弁当を食べるのはとても楽しく皆さん、にこにこ笑顔があふれており本当にうれしそうでした。魅力度は低い県かもしれませんが、住めば都で住人は魅力度なんて全く気にしていません。気にしているのは役所ぐらいです。

 

このコキアを楽しんだ人が利用する東京への高速は大渋滞で、いつもなら1時間かからないところが渋滞60キロで昨日は3時間以上でした。会場の駐車場を出るのに1時間以上かかるため、帰宅はいつになったのでしょう。

 

 

 

 

春には大地を一面水色に染めるネモフィラとたくさんのチューリップが楽しめます。

 

コキアは今週いっぱい楽しめるようです。是非皆様も海浜公園に遊びにいらしてください。

 

ひたち海浜公園

http://hitachikaihin.jp/