プロが愛する香り

イギリス、メドウズ社の代表ダーリン・ペインは調香師の父の元幼い頃から香りに囲まれて育ちました。ダーリンは調香師ではありませんが、香りの専門家としてロンドン近郊の著名な調香師が集まる団体でさらなる魅力的な香りの探求を現在でも行っています。

そのダーリンがもっとも愛する香り、それはフランキンセンスです。

ダーリンはこのフランキンセンスを自身のフレグランス、また就寝前に室内に芳香します。一日の疲れを癒し、さらにその日に感謝するのに欠かせないこの聖なる香りは、メドウズシナジーブレンドエッセンシャルオイルにもこっそりブレンドされています。


ところで日々震災の映像を見ているとやはり精神的にお疲れの方が多いです。それは当然のことですが、もともとアロマテラピーの働きのひとつに「傷ついた心を癒す」作用がございます。そこでダーリンが疲れた心を元気にしてくれるレシピを送ってくれました。

フランキンセンス(2滴)
レモングラス(1滴)

是非皆様お試しになってください。

メドウズジャパンでは、「アロマで日本を元気」と題し一人でも多くの方の傷ついた心が癒えるよう被災地にエッセンシャルオイルやキャリアオイルを送る活動を始めます。詳細は4月6日ホームページならびに本ブログに掲載いたします。是非皆様のご協力をお願いいたします。