充実した1日だったのに写真を撮るのをすっかり忘れました!

昨日、9月6日を私はとても楽しみにしていました!


なぜなら、

 

ギフトショーの出展者さんと新しい出会い。


デザイナーさんとウェブサイト、オンラインショップのリニューアルについて打ち合わせ。

 

いわば、「これからの発展を感じさせる前向きな話が出来る日」だったからです(^o^)

 

だからこそ、写真も撮って自分の記録としてブログに載せようと意気込んでいたのですが、

 

 

 

写真撮影すっかり忘れました・・・。

 

 

 

言い訳ではないのですが、私が大学生の頃にJ-PHONE(懐かしい!)のケータイにカメラが初めて付きました。

 

すげー!電話番号が出るんだ!

着メロがある!

ケータイのアンテナ光ってる!

 

当時盛り上がったの懐かしいですよね!?

このような世代ですので、あまりケータイで写真を撮る概念がございません。

(いわば古い人)

 

 

写真はございませんが、この日は弊社の三木と充実した1日でした。


「ビックサイトは広いね−!見えないところまで植木の手入れがバッチリなのはさすがだね!運河のヤシの木がいいねー!」といいながらスタスタ歩くこと15分。お目当てのお客様のブースはありました。

 

この方は、今でこそ有名なニュージーランドのオーガニックコスメブランドを日本に導入する際中心的な働きをされたとのこと。現在はご自身のブランドを立ち上げ、百貨店への出品、雑誌掲載など意欲的に取り組まれており、私は「パキッとしたキャリアウーマン的な女性」を勝手に想像していたのですが、実際ブースにいらっしゃったのは「腰が低く、声が穏やかで柔和な笑顔が印象的」な女性の方でした。こちらが恐縮するくらい好意的に接して下さいました。

 

お話の途中でも、九州で有名な薬局チェーンのバイヤーさん2名がこのお客様を目的にいらっしゃり、商談が始まるほどの大盛況。私と三木は「すごいねー」という言葉しか出てきませんでした。ギフトショーの成果がたくさんあるといいですね!

 

お話をしたお客様に失礼があるといけませんので、この場ではあえて抽象的なご紹介しか出来ず申し訳ございません。幸い、近いうちに再度お会いする機会がございますので、その際弊社のブログでもご紹介して差し支えがないか尋ねてみたいと思います。

 

 

午後は新宿に移動し、デザイナーさんにお会いしました。


このデザイナーさんは中目黒を拠点とされています。水戸の人から見ると、「中目黒の人ってどんな暮らししてるの?」「オシャレすぎて近寄りがたい」という(これも勝手なイメージ)ですが、このデザイナーさん良い意味で親しみやすく、庶民的なのが本当に助かります。

 

でもメドウズの事を大好きでいて下さり、下手したら私よりメドウズを愛してくれているかもしれません。それくらい、このブランドを大切に考えて下さいます。

 

私は横でお茶をすすりながら、半分のミルクレープを食べていたものの、三木も含めてみんなでメドウズについてあーでもない、こーでもないと話すとアイデアが次々と沸いてきてあっという間に数時間過ぎてしまいます。お店も混んできて、周りのお客様から「あのテーブルうるさいな(うるさいのは私だけ・・・)」という白い目が気になりだしたのでいい塩梅のところで撤収しました。

 

メドウズの周りには、魅力的な方がたくさんいらっしゃいます。しかし、そのご縁をひとつひとつ大切にし、つなぎ止めてくれているのは三木の人徳です(むしろ私はそういうのが苦手です)。

 

私の苦手な部分を三木が補ってくれて、本当にありがたいなーというすみません、最後は手前味噌という思わぬ方向にブログが進んでしまいました(笑)新しい出会いに感謝しつつも、身近な大切の人への感謝を忘れてはいけませんね!