フランスへショートトリップ その2

こんにちは。メドウズジャパンの鈴木壮哉です。
日本もここ数日は10度前後の低い気温が増えて来ましたが、ヨーロッパはすでに真冬の格好で、日照時間の短さもあり日本以上に寒く、暗く感じます(通常16時にはもう暗いです)。

さて、先日のETCで大騒ぎしてダーリンが連れてきてくれた場所、
フランス北部の海沿いの街モントレイユですが、周囲を壁が囲んでおり、現在は美しい散歩道になっていました。

澄んだ空気


芝生で寝ころびたくなります


稜線が広がります


街にはいわゆる観光・娯楽スポットはありません。
しかし、台地から延々と続く美しい稜線、深呼吸を繰り返したくなる美しく冷えた空気、温かく出迎えてくれるカフェ、子供がのんびり散歩ができる環境、時間を告げる鐘の音。旅行者には特別な情景でも、住民の方々はこの環境を誇りにし、次代へ大切に受け継ごうとしていました。

あたりを見回すと設置されたごみ箱にごみは入っていません。芝生や花壇はきれいに手入れされています。それだけ、住民の方が自分の街に愛着を感じているのだと思いました。

日本のようにコンビニもなく、夜はとても静かです。
暖炉の周りでお話や読書、ゲーム(ボードゲーム)をして時間を過ごすそうです。物質的な豊かさを追い求めることはこの町ではできませんが、豊かな精神はこういう環境で育まれるのだとうらやましく感じました。

この日は土曜日なので、広場でマーケットが行われていました。


海が近いので海産物の販売が多いのですが、肉や乳製品(チーズやバター)、お菓子や誰が買うのかわかりませんがベッドのマットレスまで幅広く販売されています。そのどれもが新鮮(マットレスを除く)で、価格もリーズナブルなようです。


この日はなんと気温が3度。冷たい雨が降り続いていました。
そこでダーリンはネックウォーマーを購入しました。

ダーリンが撮影した1枚

小さな子を連れて歩いていると、本当に皆さんが親切にしてくれます。
気軽に声をかけてくれるだけでなく、お店でもあらかじめ小さく切ってくれる(幼児用メニューはないようです)、子供が泣いていてもみんなで優しく微笑み暖かく見守ってくれます。

2泊3日のショートトリップ。
たくさんの発見がありました。ダーリン、どうもありがとう!

フランスへショートトリップ

こんにちは。
イギリスのメドウズ滞在も4日目になりいよいよ佳境を迎えてきました。今日はこれからダーリンファミリーと旅行へ出かけます。

まずはダーリンのかわいい子どもEeva(イーバ)ちゃんを学校へ迎えに行きます。
日本と違い、一つの学校が受け持つ範囲がとても広いイギリスでは家族が迎えに来るか、スクールバスでの送り迎えが一般的なようです。


校庭でお友達と元気に遊び、お母さん・お父さんが迎えに来てもなかなか帰らず、「寒いから早く帰ろう」と促す姿は世界共通のようです。

さて、早速ショートトリップに出発します。
今回は、ドーバー海峡を越えてフランスに車で向かいます。

EU圏内は自分の車であれば、どこにでも行くことができます。
特に物流に欠かせないトラックのナンバーを見ると、「ドイツ・スペイン・ルーマニア・チェコ」等様々な国の車を見かけます。日本でも、地域によって運転の仕方が多少違うと県民ショーなどで時折見かけますが、国が違うドライバーが同じ道を走行するということが驚きです。

ドーバー海峡を抜ける電車に車を乗せ、30分くらいでフランス側のカレーに到着します。
電車に乗っている間、小さな封筒から機械を取り出すとおもむろに車のフロントウィンドウにペタッと貼りました。

それは何と聞くと、
「リベルテという自動で高速道路の料金所を通過できる機械」だと説明してくれました。
そうです。日本で言うETCです。

日本と違い、配線やセットアップは必要なくただ窓に張り付けるだけです。
しかし、ダーリンが「初めて利用するから本当に作動するかわからない」と真顔で言います。普段冗談が多いダーリンですが、この顔は本当にわからない顔です。確かに封筒から取り出して窓に貼っただけですから、日本のETCとの違いを知っている私はダーリンの言葉に妙に納得しました。

電車を降り、早速フランス国内を走り出すと料金所が近づいてきました。
ダーリンが「無事にゲートが空くようにみんなで祈ってくれ」というので、大げさだなーと思いながらも祈りました。

減速をして、徐々に料金所が近づいてきます。そして、バーまで10メートルくらいになり、みんなが正面にある赤ランプが青ランプになるかどうか真剣な表情でランプを眺めます。

しかし、ピッとかバーが空くとかの様子は全く感じられません。そして、いよいよバーが目前に迫って「通行券をお取りください」と言っているわけではありませんが、機械が黄色のランプを光らせ、券をはきだしました。みんなでやっぱり駄目なんだと感じて、ダーリンもブレーキをかけて車を停めたその時です。信号が青になり、バーが上がりました。

遅い!これなら通行券を取るのと何ら変わりません。

バーが開くのが当たり前だと思って余裕の様子で料金所に近付いたものの、バーが開く気配がないのでみんなでがっかリしかけたその時に、バーは開きました。

テレビ局顔負けの演出で、バーが開くことにこんなに感動することは人生できっとないと思います。フランスの憎い演出により、旅行がより楽しくなります。

しかし、日本のETCはよくできています・・・。


フランス北部のモントレイユという街にやってきました。
人口2000人余りの小さな町でミュージカル、レ・ミゼラブルの舞台になった街です。どうしてここに来たのダーリンに聞いたら、「父親のおすすめだった」とのことでした。

ここもイギリスに負けず劣らず寒く、気温は3度、海沿いなので風が強く身を切るような寒さです。この街で何をするのかが楽しみです。

ビリヤードをしました。



4月1日はメドウズ24回目のお誕生日です



本日、メドウズが英国カンタベリーに生まれて

24回目のお誕生日を迎えることが出来ました。


1991年4月1日、ダーリン・ペイン社長は「高品質のエッセンシャルオイルを世界中のアロマテラピーファンにお届けする」ことを目的に、メドウズを創業しました。


メドウズの商品に魅せられたお客様は、地元イギリスのみならず、フランスなどのヨーロッパ圏内、アメリカ、アジア圏、そしてここ日本と創業以来24年間、多様な国のお客様にご愛用いただいております。


しかし、メドウズはここに至るまで決して平たんな道のりではありませんでした。メドウズは100%ナチュラルプロダクト、すべての原材料は自然からもたらされます。昨今の気候変動で、生産量が激減した植物も多く、商品生産がままならず欠品してしまうことも多くありました。


その間、お客様からはお叱りの声もいただきましたが、逆に励ましのお言葉も多くいただきました。中には、「メドウズが大好きなので、ずっと待ち続けます」とおっしゃってくださる方もいらっしゃいました。お客様から頂いたお声の多くは、イギリスのダーリン・ペイン社長にも届けられ、創業以来メドウズを支え続けているスタッフや生産者とともに苦闘しながら、商品の生産を行うこともありました。


ダーリン・ペイン社長は「メドウズを続けてこられたのは、お客様、従業員、生産者のおかげ」と言い切ります。それは、ダーリン・ペイン社長が大切にしている「人とのつながりが良質な商品を作り出す」ことに他なりません。



世界各国のエッセンシャルオイルプロデューサーが、合併や廃業により淘汰されていく中、幸いにもメドウズは創業以来の変わらぬ形態で現在も事業を続けています。そして、これからもできるだけ長く、小規模でもいいから自分の夢や哲学を実現できる会社でありたいとダーリン・ペイン社長は言い切ります。


今日までの皆様のご愛顧、ご支援に改めてお礼を申し上げつつ、これらもメドウズをどうぞよろしくお願いいたします。

イギリス英語とアメリカ英語の違い

 こんにちは。Takakoです。

皆さんは、学校で英語を習ったとき、どちらの国の英語を習ったでしょうか?
今、日本の主流はアメリカ英語で、私も学校でアメリカ英語を習いました。

同じ英語ですが、イギリス英語とアメリカ英語では発音や綴りがちょっとずつ違います。

一度、そんな話をしたのを覚えてて、話したりメールをすると時々
「それはアメリカ英語でイギリス英語では〜と言うんだよ。」
と言われます。


ビタミンはつづりでは「Vitamin」で、
アメリカ英語では「ヴァイタミン」のように発音しますが、
イギリス英語では「ヴィタミン」と発音するそう。

「休暇中」を「on vacation」と書いたらアメリカ人はそう書くけど
「on holiday」だよと。


やっぱりダーリンはイギリス人らしく、クイーンズイングリッシュに誇りを
持っているんですよね。。。



メドウズ創業者ダーリンペインより:Myfirst Blog

My First blog.

 

I have avoided this until now, probably as I may enjoy it once I start doing it on a regular basis and neglect other areas f my duties. Mr Suzuki (or should I say Masaya here??) has asked if I would say some messages for our customers and others in Japan. As a great fan of Japan, the culture, the people and so much more i agreed. So, like my very first ever public talk which was in Japan 10 years ago this is my first ever Blog and its for Japan! Mr Suzuki suggested I write about what food I eat and although not the most profound subject to start with it is something I have coincidently been thinking of recently. Not just thinking in desiring way of food but how and why I eat what I do. I have been a strict vegetarian for over 20 years for health, moral, spiritual and environmental reasons. I try to eat fairly healthy and when I come to Japan, the home of good Tofu, then I eat Tofu daily, often with the tasty and sometimes unusual vegetables. As westerner with a much higher intake of Starch and dairy I do have some withdrawal symptoms and cravings after a few days in Japan that I often need to fulfil-or just each chocolate to help! What I have been thinking of recently is although I love my job, it is often vary varied and can be stressful-price changes, shortages, new legislations, customer/supplier demands, staff holidays etc and I have been aware that at the time of stress I do eat more and also crave more of the less healthy foods, i.e High Sugar/starch(biscuits) and then 20 mins later Salty products(crisps, nuts etc) and then sugar again and this cycle I am trying to break with the first step of awareness and by not letting myself become stressed-as mental stress is manmade, in our minds and how you deal with issues is a human problem that I and am sure we all fall into many times. I also try and remember some words of a famous healer who in a book talks about how must only eat when we are not stressed, enjoy, savour the food without stress and this is something often hard in this fast paced life to do, but it is not impossible. To help my mind fight these cravings I have put a bottle of re-balance synergy on my desk that I now stop to smell to help calm down, then drink some water and then carry on without feeding the demands for food-maybe there is a new diet book here?? J .

--------------------------------------------------------------


今までこのようなブログを通じてお話しをすることは避けておりましたが、きっと一度はじめてしまうと他のことをほったらかしにして楽しんでしまうかもしれません。

メドウズジャパンの鈴木さんより、日本のお客様私よりメッセージやコメントがもらえないかとの依頼がありました。私は日本の文化や人々が大好きです。今このブログを書いている心境は、10年前に日本でお客様の前でお話したときのようです。鈴木さんは、私の食生活についてブログで書いたらどうだと提案してくれました。ブログの初回にふさわしいテーマだとは思いませんが、偶然にも最近私が考えていたことではありました。

私は、健康、道徳、スピリチュアル(精神)、環境保護の理由から約20年間、ベジタリアン(菜食主義)です。良い豆腐のふるさとである日本に行ったときは、きわめて健康的なものを食べるように心がけており、日本で豆腐に出会って以来毎日、イギリスでも野菜を添えて(まれに珍しい野菜もありますが)豆腐を食べ続けています。欧米人は毎日たくさんのでんぷんを摂取するために、日本に滞在すると、でんぷんが恋しくなります。気分を紛らわすためためにチョコレートを食べたりもします。

私はこの仕事が大好きで、誇りを持っていますが、しかし一方でお客様によりよい商品をお届けし、さらに商品の供給者の動向にも注意を払い、規制や業界の動向にもアンテナを巡らせ、従業員のケア等ストレスがたまるのも事実です。ストレスを感じたとき、あまり健康に良くない食べ物が食べたくなります。たとえば、まず糖質が多いビスケットのようなものを食べ、20分後に今度は塩分のあるもの(スナックやナッツ類)、また糖質の高い食べ物に戻ります。私はこの「おやつ」をなるべく止めようとしているのですが、なかなか精神的なストレスに対して強い人間になることはできません。ストレスとどのようにして上手に付き合っていくかは、多くの人間の悩みでもあります。

有名なヒーラーが著書の中で、ストレスを感じていない時には、食事をゆっくり十分楽しみなさいと述べていました、。私はこの言葉を大切にしていて、なるべく実践したいと心掛けているのですが重要だと思いつつも現代社会で実践することはなかなか難しいことですね。ちなみに、ストレスを感じて何か食べたくなった時、私は机にしまってある「リバランス」のシナジーブレンドエッセンシャルオイルを香らせ、心を落ち着かせます。そして、水を飲みます。すると、次第に何か食べたいと思わなくなるのですが。これって新しいダイエット方法として広められませんかね?