家族間のコミュニケーションツールとしてのキャリアオイル

こんにちは。MIKIです。
朝晩寒くなってきましたね。

ベットからなかなか抜け出せない季節に突入です。

我が家の娘は、受験生。
朝5時起きもようやく日課となり
早朝から夜遅くまで、勉強に励んでいるようです。


時々勉強に行き詰まる時もあるようで
子供のイライラの“気”を肌で感じる時があります。
そんな時、そっと子供の頭に手を乗せてあげると
不思議に子供のイライラの“気”が
治まっていくような感じを受けます。


もう大きくなってしまった子供でも
頭をなでられる事は嬉しいのですね。
それは、大人も同じなのかもしれません。


“手あて”という言葉は、重みがあるのだと思いました。


家族の中の、
心や体のセラピストに母親は一番近い存在。


心身の変化の早期発見が
大きな問題につながる事を防ぎますが、
家庭の中からまず始めることが
大事なのですね。


ちょっと恥ずかしいしきっかけがない
という声を聞きますが
そんな時のコミュニケーションツールとして
キャリアオイルは便利です。


老人介護施設でも、高齢者と介護師さんとの
垣根を低くする為のツールとして
ハンドマッサージを利用しています。


震災ボランティアさんも、
ハンドマッサージを通して被災者の方々が
ぽつりぽつりと苦しい体験を話して下さり
最後には笑顔でありがとうとおっしゃって
くださったと話していらっしゃいました。

最近の若いお母さんには
子供とどうやって会話をしたら
よいかわからないという人が
多いようです。

まずは、コミュニケーションの機会を
つくりましょう。

コミュニケーションツールとしての
ハンドマッサージには難しい手技は要りません。


両手にキャリアオイルを広げて
相手の手をやさしく包み込んであげる・・・


初めは、それだけで充分です。


心と心が少しずつ歩み寄れると思います。


メドウズの代表“ペイン家”でのスキンシップ。
ダーリン・ペインの愛娘初登場。

バジルのエッセンシャルオイルにこだわりたい

 こんばんは。Takakoです。
台風の勢いがすごいですね。
九州の親戚の家では、台風がくるとなると、窓が割れないように板を打ち付けていて、
びっくりした記憶があります。備えは重要ですね。

関東地方も明日、台風がくるかもしれないので、外には飛びやすい物を
置いておかないようにしましょうとのことで、ベランダにあった鉢を中に入れました。
ハーブが多いので家の中がハーブの香りでじめじめした空気も爽やかになりました。

バジルも花をつけたのでそろそろ終わりです。


ところで、バジルは、メドウズのエッセンシャルオイルの中でもかなり
人気がないほう、、、
確かに、ちょっと変わった香りなので、いきなり使うのは難しいかもしれませんが、
バジルが好きな私としては、頑張ってアピールしていきたいです。

バジルのエッセンシャルオイルは、リフレッシュしてまた集中したいときや、
乗り物酔いなどの時におすすめです。

いつもとは違う刺激が欲しいときに選んでいただけたら嬉しいです。

立秋 春夏秋冬の自然環境に合わせてアロマを取り入れてみる

こんにちは。MIKIです。
今日は、立秋。
秋の気配はまだ感じられませんが、暦の上では秋に変わりました。

立秋は二十四節気のひとつ。1年を春夏秋冬と4つの季節に分け
さらに6つに分けました。

万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるとする五行説では、


春は、木気


夏は、火気


秋は、金気


冬は、水気


昨日お話した土用は、この季節の変わり目の前18日間を指し
これが、五行の土気にあたります。


臓器も五行に当てはめられ、

木は“肝”・火は“心”・金は“肺”・水は“腎”
そして土は“脾”です。


五行では、“金”が司る秋。


「肺」は秋に活発になります。
秋に肺の機能が低下すると、
皮膚のバリア機能が少なくなったり、呼吸器に影響を与え
肩凝りや肌の乾燥、湿疹、咳、風邪にかかりやすくなります。


この季節にバランスを整えてくれる精油は


・サイプレス ・クラリセージ ・ユーカリ ・パイン    
・ティートリー ・フランキンセンス ・ジュニパー ・マージョラム等  


秋は、大自然からパワーを吸収する季節と五行説ではいわれます。
昔 中国の医者は、長寿の為の秘訣を


「春夏秋冬の自然の環境に合わせて生活しましょう」


「心身の疲労は避けましょう。
ストレスによる怒り・悲しみ・憂いは内臓に負担をかけます。」


と王様に話したそうです。
 
立秋の今日

いつもの効能や香りで精油選びをするのではなく、 
こんなことを考えて精油選びをするのも楽しいと思いました。


私の今日の芳香浴は、乾燥しがちなお肌のために
フランキンセンスを選びました。







 

かかとのケアにアロマ

 こんにちは。Takakoです。
今日は、湿気があって暑かったですね。節電節電で、どこに行っても暑く、少しでも涼しくとサンダルを履こうとしたところ、かかとがガサガサ(><)お手入れをさぼったつけがこんなところに。。。

なので、早速、かかとのお手入れをしました。まだまだ間に合う、夏に向けてのお手入れのご紹介です!

1)バケツや洗面器に少し熱めのお湯を入れて、重曹大さじ1に好きなエッセンシャルオイル1滴(ティートリーやレモン、ペパーミントがおすすめです)を入れてしばらく足湯。

2)肌が柔らかくなったら、タオルで足をふいて専用のフットファイルなどでこする
*削りすぎないように注意してください。(足が痛くてひりひりしてしまいます!)
自分で自分の足を撮るって難しいですね〜。

3)オイルやシアバターなどで保湿する。


簡単ですけど、1と3がコツです。
1で重曹を使うのですが、重曹は弱アルカリ性でお肌の汚れをとり、肌を柔らかくしてくれます。よく市販の入浴剤にも入っています。

3で保湿しないと、さらに乾燥しやすくなってかえって角層をいっぱい作り出すことになってしまいます。オイルなどを塗ると床がべたべたするのが気になるというかたは靴下をはいてみたり、寝る前に塗ってくださいね。


お風呂に入ったときでもできるのですが、足湯をしたほうが、角質がよく落ちるような気がします。

きれいなかかとでサンダルを履いて、暑さを楽しみましょう!

家族の心の癒しにハンドトリートメント

こんにちは。Takakoです。

東北大震災から今日で2ヶ月が経ちました。
未だ大変な状況に置かれている方もたくさんいらっしゃるのに、私たちにはできることが少なくてもどかしいです


物資面では、ある程度落ち着いてきた方もいらっしゃるとは思いますが、これからは心のケアも重要になってきます。専門家が逐一ケアできればいいのですが、なかなか難しいところもあります。


おすすめしたいのはハンドトリートメント。

そんなに難しくないことと、手にもツボがたくさんあるためです。

自分で行ってもいいですし、ご家族、とりわけ、お子さんやご高齢の方に行うのもおすすめです。手を握ったりハグしたりすることは、自分で思っている以上に癒してくれます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

材料

キャリアオイル 10ml 

        スイートアーモンド、アプリコットカーネルなど

*実際にはこんなには使いませんので余ったら1週間以内に使いきってください。


精油 1〜2滴

   オレンジなどの柑橘系(夜のみ)、ラベンダーなど

   シナジーブレンドであれば、チャイルドハーモニー、アンチストレスなど

*小さなお子さんには1滴または入れなくても大丈夫です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

方法

1)キャリアオイルと精油を混ぜる。

2)オイルを手に取り、手と手ですりあわせて温め、手の先から肘まで全体的に塗る

3)手首から肘にかけて少し力をいれてマッサージ、外側もマッサージする。

4)手のひらを親指でマッサージ。特に親指の下をほぐす

5)手の背の関節と関節の間を親指で軽く指の付け根から手首に向かってマッサージ

6)指を持ち少しだけ力をいれて引き抜く

7)手を手全体でちからを少しいれてなでる

8)軽く肘までなでる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

字ばっかりですみません。


結婚したばかりの頃、夫の祖父が長期入院し、寝たきりになってしまいました。昔の人なのでプライドが高く、とても辛い思いをしていました。筋肉が落ち、痛いぐらい足がむくみ、祖母がマッサージしてみたものの、力が弱くなかなかすっきりしません。そこで、私が代わりにマッサージしたところ、二人とも泣いて喜んでくれました。

血縁でもない孫の嫁が足にさわってくれたというのは祖父母にとってすごく嬉しかったようです。

アロマも大事ですが、タッチすることによっても心を癒してくれるのではないかなと実感しています。


今、被災地向けにキャリアオイルのプレゼントも考えていますので、いずれまたご紹介させていただきますね。