頭皮ケアと加齢臭対策そしてアンチエイジングには密接なつながりがある

 こんにちは。MIKIです。
この間、知り合いの方から加齢臭対策について相談をいただいたこともあり、
今日は、加齢臭について書いてみようと思います。


2000年 資生堂研究所で発見され、“加齢臭”と名付けられ
最近では、エイジングノートともいわれるようです。


加齢臭の原因は、ノネナールという物質。
ノネナールは、汗腺のそばの皮脂腺から出る脂肪酸が
酸化したり、醗酵することで発生するそうです。
40歳を過ぎた頃から、抗酸化力の低下と共に
ノネナールの発生量が多くなります。


若いときには、活発な新陳代謝によって皮膚の分泌物や老廃物は
スムーズに入れ替わりますが、年齢を重ねる毎に、新陳代謝の低下から
この分泌物や老廃物が肌に滞留する時間が長くなり、酸化したり
皮膚上のバクテリアによって醗酵したりして、
加齢臭の原因物質である“ノネナール”が誕生するそうです。


脂肪酸の分解や酸化を防ぐ新陳代謝をよくすれば、
ノネナールの発生も抑制されます。


ノネナール防止対策として、


・肌を清潔にすること
ノネナールは皮膚表面に残った脂肪酸がないと発生しません。


・食生活に気をつける
脂肪の多い食事やたんぱく質のとりすぎは、加齢臭の原因の1つとされる
過酸化脂質を増加させます。


・規則正しい生活
質のよい睡眠をすることは加齢臭予防になります。
眠りが深いときには、加齢とともに減少する
メラトニン(睡眠の質を高めるホルモン)や、
成長ホルモンなどが分泌され、抗酸化力をアップさせます。


・アルコールはほどほどに
アルコールが活性酸素を増やし身体の抗酸化力を弱めてしまいます。


・喫煙もほどほどに
タバコを吸うと活性酸素が発生します。


・ストレス
強いストレスを感じると体の中の活性酸素が増加します。


というように、加齢臭の強弱は活性酸素の量の差なのです。


ノネナールが発生する箇所は、わきの下や耳の後ろ・
首のまわりをよく耳にします。


しかし加齢臭の大きな原因は、頭皮にもあります。


頭皮は皮脂腺が集中している上、
分泌される脂肪酸は他の部位よりも多いそうです。  
頭皮からは、ノネナールの元となる脂肪酸が他よりも多く分泌されるので
加齢臭が強くなるというわけです。


先日は、頭皮ケアと肌のたるみの関係をお話しましたが、
男性にも関係のある話だったのです。


頭皮ケアとアンチエイジングや加齢臭対策には密接なつながりが
ありました。
考えてみれば、頭皮ケアだけではないのかもしれません。
ノネナール対策として挙げた項目は、すべてのヘルスケアに
つながります。


身近なところに対策があるのかもしれませんね。

最後に1つ  加齢臭対策は香水ではカバーできないので
要注意です。→ ここ重要
ローマの道は、1日にしてならず・・・・
根本から取り組んでみませんか?



 テレビでも話題になった加齢臭対策用の
 アロマ重曹ボディパウダーを作り、
 加齢臭対策ならぬ娘のデオドラントパウダーに。
 学生らしくメドウズのリバイタライズのブレンドを
 使って爽やかな香りに仕上げました。
 重曹だけでは、肌に刺激を感じる場合は、
 コーンスターチを混ぜてあげるとマイルドになります。

頭皮ケアで悩み解消! 肌のたるみ・くすみ・眼精疲労そして肩こり

先日 知り合いのセラピストさんに
ヘッドマッサージを施術してもらったところ、
頭皮が硬いとひとこと・・・これは、まずい!



その日から、ひたすらセルフでヘッドマッサージを慣行。
ご存知の通り、頭皮と顔の皮はつながっています。
頭皮が硬いと言うことは、新陳代謝が鈍く血行もよくないので
頭皮の老化から肌の老化<たるみ>の原因に。



柔らかく弾力のある頭皮は新陳代謝も活発で、
顔の皮膚をきちんと上に引っ張り上げてくれますが、
硬く弾力がなくなった頭皮は、顔の皮膚を支えきれず
伸びきったゴムのように皮膚が弛んできてしまいます。
ポニーテールをすると顔がぴーんと張るのと同じですね。



時間に余裕がある夜は、オイルケアを。
梅雨に負けないヘアケアとしてヘッドマッサージをご紹介しましたが、
今回は頭皮のためのヘッドマッサージ。



ホホバオイルにローズマリーとジュニパーの精油をブレンドして
手のひらに広げます。
親指を耳の後ろにキープしながら、
頭皮をつかむ様に円の描きながら上に持ち上げ
3分程マッサージします。
血行がよくなっている入浴時に行うと良いでしょう。



日中は、熱中症対策で紹介したボディスプレーを利用。
頭頂部にシュッとスプレーして、同様にマッサージを施します。
ペパーミントの清涼感が頭全体を包み込んでくれて
クール感満載のホームヘッドスパに・・・
パソコン作業で、眼が疲れた時や肩がこった時に本当に役立ちます。



このように頭皮の老化は、肌のたるみのみならず、
血行が悪いことから、肌のくすみ・眼精疲労・肩こりにもつながります。



夏の紫外線をたっぷり浴びているこの時期の頭皮は、特にお疲れ気味です。
お肌だけでなく、頭皮ケアにも眼を向けてみませんか?



頭皮を活性化してくれるローズマリー

塩のデトックス効果で、暑さにまけない身体づくり

こんにちは!MIKIです。
台風と共に、秋が訪れてしまった感のある木曜日。
急激な温度変化に、
身体が悲鳴を上げているのが聞こえてきそうです。


しかし・・・週明け月曜からは、再び暑さが戻ってくるようです。
油断大敵! 
私のまわりでも、熱中症になった・なりかけたという話を
今年はよく耳にします。


先日は、私の熱中症対策として、アロマボディスプレーで
熱くなった身体を冷やすお話をしましたが、今日は日頃の
生活習慣から
“暑さに負けない身体づくりを目指していること”
のひとつをお話します。


熱中症は、高温下で運動や仕事を行い、
発汗機能や循環器系に障害が起こり発症する病気と先日も
書きましたが、熱中症の根本の原因の1つには
体温調節が上手く働かなくなる事があるようです。


暑い時は、体内の熱を外に出す必要があり、放出の方法は


・皮膚の表面から熱を放出する
・汗を掻き、その汗が蒸発すると同時に熱を放出する(気化熱)


を行って、身体の中に熱がたまらないように調節しています。
体温よりも、外気温が低ければ皮膚表面から熱が空気中に
放出しやすく体温の上昇を抑えられますが、
外気温が体温より高くなる夏は、
皮膚表面から熱を放出する事が困難になってきます。


そうなると、夏の体温調節は、
汗を掻いてその汗を蒸発させる事が重要となってきますが、
夏場は湿気が多いので、
汗を掻いても蒸発しにくい状況もあるようです。


こうやって調べてみると、先日男性の汗かきさん対策について
コメントしましたが、汗を掻くことはとっても重要なことだと
再認識しました。


最近の子供は、あまり汗を掻かない子が増えているようです。
体温調節をする汗腺の働きは、
誕生から3歳までの間の生活している環境温度で決まるそうです。
熱帯地域で育った子は、汗腺の働きが発達して、
寒帯地域で育った子は、汗腺の働きが発達しないそうです。
日本の場合は、四季があるのでその中間に
位置していますが、最近では、空調設備が整っているので
赤ちゃんの時から、汗をかく場面が少なくなり、
汗腺の働きが発達しないようです。


汗は、発汗の時に身体の中の老廃物も排出してくれるので
新陳代謝をよくするという観点でも重要です。


私が、汗腺の働きを鍛える為に実行していることは、塩風呂。
塩は、血管の血流を促してくれるので、塩風呂に入ることにより
体温が上昇し、その体温が一定時間持続することから身体の芯から
じわじわと温まり、大量の汗が排出されます。このとき
老廃物も排出され、体内の浄化も図れます。
(体内の老廃物も排出されると言うことは、いわゆる30代や女性でも
発生すると言われている加齢臭対策にも有効です。)


私が、使っているのはメドウズ デッドシーソルト リフレッシュ。
イギリスでは、まさにデトックスという名前で販売されている
このブレンドは、血行促進作用のあるジュニパーが主体となった
パンチのあるシャープな香り。
塩と精油のダブルのパワーで新陳代謝を促してくれます。


塩もただの塩ではない死海の塩。
よく死海の塩と荒塩って違いがあるの?と聞かれますが、
塩は生産された海によってマグネシウムなどのミネラルの含有量が
異なります。
イスラエルにある死海の塩分濃度は、普通の海水の10倍と言われて
いて、天然ミネラルが豊富に含有されているのです。


体温と同じくらいのお湯に、デッドシーソルトを入れて
ゆっくりと入浴して、たっぷり汗をかいて汗腺の働きを促す。
これが、暑さにまけない身体づくりの私の第一歩です。


何故か写真は、ローズ&ゼラニウム。
女子力上げたい時の必需品です。

奥にあるのは、
この冬リニューアル予定版パッケージ!
(とっても可愛くて今からお気に入り)
詳細は、未だベールに包まれておりますが、乞うご期待!


 

私の熱中症対策  〜外出先でクールダウン!アロマクールボディペーパー〜

こんにちは。MIKIです。



仕事柄、外に出ることが多く、梅雨明けが早かった
今年の連日のこの暑さは、本当に厳しいものです。



節電の影響から電車の本数も少なく、ホームで電車待ちをする時間も
長くなり、先日もふっとめまいを感じたりして
自分には何となく遠く感じていた熱中症の3文字が頭をよぎりました。



今年は熱中症という単語を多く耳にしますが、そもそも
“熱中症ってなんだろう?”から私の熱中症対策がはじまりました。



熱中症を調べてみると、
高温下で運動や仕事を行い、発汗機能や循環器系に障害が起こり
発症する病気とのこと。



体温の上昇や、発汗停止によって、
虚脱・けいれん・錯乱・昏睡などを起こして、命の危険を伴うこともある
と記されていました。



熱中症が危険な点は、少し気持ちが悪い・少し身体の調子が変だ・・と
思っているうちに症状が進んでしまうケースが多いからだそうです。



熱中症をきちんと理解をして、日ごろから熱中症対策を心掛けている事が
必要のようです。



熱中症にならない為には



1 睡眠不足や食事に気をつけ、暑さに負けない身体を作る



2 通気性のよい服装



3 こまめに水分を補給する。
(汗とともに、塩分も排出されるので適度に塩分も摂取する。)



4 気温が高い日は、無理をせずエアコンなどを利用して室内の環境を整える。



ちょっと変だなと思った時は、



1 涼しい場所で、衣服を緩めて休む



2 水分を補給する



3 身体を冷やす



の3点。



そこでアロマ屋さんの私が取り入れたのが、
身体を冷やす為のアロマクラフトを持ち歩くこと。
まず、冷却効果と鎮静効果のあるボディスプレーを作りました。



先日熱中症もどき?に陥った時に、



・体内にこもる熱
・軽い吐き気
・頭痛



を感じると同時に、「ああ ここで倒れたらどうしよう」と
軽いパニックに陥ったことを教訓に選んだ精油が



“ヘッドスーズ”



メドウズの頭痛対策用のブレンドオイルです。



ペパーミント     冷却効果・吐き気の抑制
ラベンダー(真正)  鎮静効果
カモミールローマン  鎮静効果・体内の浄化
ゼラニウム      自律神経系調整・皮脂バランスの調整



がブレンドされているので、私のニーズにピッタリでした。



無水エタノール 5mlにヘッドスーズブレンド10滴を混ぜ、スプレー瓶に入れ
精製水 95mlを入れてよく振り、出来たボディスプレーを



冷蔵庫でよーく冷やします。 ← ここがポイントです!



家の中でも、ボディにスプレーして扇風機の風にあたると
爽快感100%です。



外出前にもスプレーをしますが、
外出先では冷えたままで持ち歩くのが困難なので・・・



このボディスプレーをキッチンペーパーによーく吹きつけ



冷凍庫で凍らせたものを → ここがポイント!



ジッパー付のビニール袋に入れて持ち歩きます。
(ミントの生ハーブも入れてみました。)



暑い!と感じたときに、首の後ろから首周りそして
腕に向かってこのアロマクールペーパーでクールダウン。



  
今の私の外出時の必需品となっています。